読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文取消

とんでもないことをしてしまった。

私は私のミスを隠した。

しかもその責任を他人に押し付けて黙ってタイムカードに打刻してきたのだ。

 

私は居酒屋でアルバイトをしている。

田舎には珍しい都会型の居酒屋だ。

もとはコンビニエンスストアの店舗だったため、店内は狭いが店長の料理や社員の焼く焼き鳥は好評で、客足は伸びている。

去年の11月に採用されて最初は厨房だけを任されていたのだが、年が明けてからホールも任されるようになった。

強制的に表情筋を使い、ついに「人前では常にニヤけていられる」技を習得した。

 

今日の話だ、私はドリンカーをやっていた。

「島ハイボール」という伝票が来た。島ハイボールとは泡盛でつくるハイボールのことである。

しかし私は「ハイボール」という字を見て早合点し、「角ハイボール」を作って出した。

ホールの人はそれを客のもとへ運ぶのだが、当然「違うものだけどもらっておきます、って言われました」と店長へ報告する。

店長は私に「○卓さんの注文、取り消しといて」と言い、私は何を取り消せばいいかを確認するために屑入れの伝票を見た。

「島ハイボール」と書いてある。

嫌な汗が背中を伝ったが、私はハンディを使って「島ハイボール」の注文を取り消した。

店長は冗談めかして「気をつけてよね」とホールに言っていたが、ホールの心うちは穏やかでなかったろう。

正しく注文を受けたのに間違っていると言われたのだ。

 

すぐ謝ろうかと思った。

同時に、どうせ1月には辞めるんだし別にいいやという考えも出た。

結局後者を選んだ。

 

すると今度はこちらが心中穏やかでない。

焼酎に冷や汗が入りそうだった。

1年かけて築いた信頼をたった1つのミスで自分からぶち壊そうとしている。

 

早くこのミスを忘れてしまいたい。